awin を FreeBSD で使ってみました

awin が FreeBSD で動くものか、試してみました。
結果、動きました!

取り敢えず、ソースを編集するのは1箇所だけ。
mywin.c の 「#include 」 の下辺りに
typedef unsigned long ulong;
を追加です。他にも方法があるのかも知れませんが。

また、procfs が使えるように、/etc/fstab に指定してある事が必要です。指定する時は自分で調べてから行ってください。付加したら再起動をお忘れなく。(linux でもこれが前提だったんですね、今気がつきました)

後はコンパイル・リンクです。

とりあえず、./configure して make してみます。
X11/Xlib.h が見つからないと、途中で止まりました。仕方がないなぁ、と手操作で

cc -I /usr/local/include -g -O2 -MT awin.o -MD -MP -MF .deps/awin.Tpo -c -o awin.o awin.c
cc -I /usr/local/include -g -O2 -MT mywin.o -MD -MP -MF .deps/mywin.Tpo -c -o mywin.o mywin.c
cc -I /usr/local/include -g -O2 -MT mymem.o -MD -MP -MF .deps/mymem.Tpo -c -o mymem.o mymem.c
cc -g -O2 -o awin awin.o mymem.o mywin.o -lm -lX11

を実行しました(2番めのものは単に make で ok なはずですが)。最後のもの(リンク)が、-lX11 の部分で失敗したので、/usr/lib に移動して、
sudo ln -s /usr/local/lib/libX11.so.6.3.0 libX11.so
を実行してから、再度
cc -g -O2 -o awin awin.o mymem.o mywin.o -lm -lX11
を実行しました(so の後の数字は、環境によって変わると思います)。

結果、とりあえず動いているようです。試行錯誤してるので、何か抜けてたらゴメンナサイ。

FreeBSD は、ネットで情報を得ながら、virtualbox に取り敢えず導入して動かしただけです。
OS : FreeBSD-10.2 i386
デスクトップ: lxde,xfce4

FreeBSD(clang/llvm)でのコンパイル・リンクが全然分かっていないので、正式対応は難しいですが、動くみたいだよ、という情報だけお伝えします。これで済むなら、ソースだけの対応なら、できるんですけどね…

いや、しかし、FreeBSDのXで日本語含め取り敢えず使えるようにするだけで結構大変でした。linux の場合は、裸からだともっと大変らしいです。 ディストリへの感謝の気持を、改めて抱きました。PC BSD 使っとけば簡単だったのかも知れませんが、こっちは以前実環境に導入してみた事があったので、軽い気持ちで FreeBSD にしてみたのです。ほんとに軽い気持ちで…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA