今更ながら、横綱の猫騙しについて

横綱白鵬の猫騙しについて、色々な事が言われているようですね。私個人としては、非常に残念だと思っています。

ルールで禁止されていないなら横綱が行っても良いじゃない、という意見はすごくもっともです。しかし、それは、相撲が単なるスポーツであったならば、の前提だと思います。

私は相撲はあまり好きではありません。しかし、日本の国技である以上、NHKは国会中継と並んでそれは放送すべきであるとは思っています。天変地異でもない限り、委員会の出席率に関係なく全てを未カットで放送し、ネット閲覧可能にすべきだと思っているのは、別の話ですね。話を戻します。

横綱が、場所でルールに則っていれば何をしても良いのは、横綱同士の場合だけだ、というのが私の意見です。相手が大関以下であれば、八艘飛びなんかもして欲しくはありません。横綱が一方的に張り手をかますのも論外だと思います。念の為に書きますが、決して舞の海の相撲を否定している訳ではないですよ。

相撲は国技ですが、場所は興行です。誰が最も強いのか、を示す場ではありません。プロレスの試合で、どちらが強いのかを知りたいなどと思っている大人はいないように、相撲の場所は、取り組みを楽しませるのが大事だと思います。

横綱は、強いと認められた力士がなるものです。強さだけではないというのは、今は置いておきましょう。

強い力士である以上、ハンディをしょって貰わないと、面白い取り組みにはなりません。場所は興行なのですから、面白くあるべきです。

例えば、プロレスにおいて、一方的に勝ってはならず、一度は不利にならなければならばい、というルールは存在しないと思います。しかし、私が子供の頃見ていたプロレスでは、一方的な試合は見た記憶がありません。今のプロレスは、申し訳ないですが知りません。まだ天龍や長州力が若かった頃の話です。

そうです。不文律は存在していいのです。そして、相撲に対して、多くの人はこれまで、プロレスと同じではないでしょうが、何かしらの不文律を期待してきたのです。万万が一それを変えるのであれば、それなりの手順を踏んでもらいたいと思います。

外国人力士が増えている今、見なおすべきだという意見もあるようですね。では逆に、不文律が守れないのであるならば、外国人力士を締め出すべきだ、という意見があってもおかしくはないでしょう。私はその立場です。日本がこれまで守ってきて、いまや国技なのですから。変えるのは簡単でしょうが、守っていく価値があると思っています。

相撲が外国人力士に開かれていること、それが本当に良いことなのだろうか。そういう事を考えなければならない状況が、本当に残念なのです。冒頭の残念だというのはこの意味です。

繰り返しますが、私は相撲ファンではありません。しかし相撲は国技として残したいし、興行として場所が成立して欲しいと願っています。

純粋にスポーツとして楽しむのであれば、重量別にすべきですし、総当りないしはトーナメントにすべきです。対戦相手が恣意的に決まるというのは、普通のスポーツじゃないでしょう?

相撲の場所がそういう風に変わってほしくはないと思います。柔道が柔道ではなくなったような、悲しい思いはしたくありません。相撲は相撲であるべきです。日本国民として、そう願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA